天草の塩特集
 

カネダイは、おみそがもっと美味しくなる方法がないか、探究し続けています。
そんな時に出会ったのは、同じ「九州」の塩。
“天草の塩”は、カネダイの麹との相性抜群で、その良さをさらに引き出してくれます。


天草
 

“天草の塩”って?

 
自然豊かな美しい青い海。
熊本県南西部の天草灘の海水から造られた“天草の塩”は、一般的な塩と比較して、マグネシウム、カルシウム、カリウムが多く含まれている、まろやかな味わいの塩です。
伝統的な製塩技術と厳格な品質管理体制のもと、海水をミクロン単位のフィルター、「石膏除去」などの方法で徹底的に濾過。
水に溶けやすい性質で、溶かした後の水の透明感、スッとした口どけが特徴です。


成分表
 

“天草の塩”みそ

 
“天草の塩”を使うと、カネダイの米みその特徴である甘さ、まろやかさがさらに際立ったワンランク上のおみそが出来ました。
角がなく、そのまま食べても美味しいので、おみそ汁だけでなく、野菜のディップにもおすすめです。

お客様の声

“天草の塩”塩こうじ

 
“天草の塩”を使った塩こうじは、通常の塩こうじよりも塩味が控えめで、旨み、甘味がより引き立ちます。
肉や魚に塗って一晩漬けて焼いたり、野菜に揉み込んで一晩漬けてお召し上がりください。

“天草の塩”単品

 
ご自身で“天草の塩”を使ったみそ作り、塩こうじ作りを楽しみたい方のために、塩だけでもお届けします。
大豆、麹とご一緒にどうぞ。
もちろんグリル野菜やゆで野菜、焼いた肉に“天草の塩”をパラリとふるだけでも美味しく、素材の味を引き立てます。
煮物、吸物などの料理に使うと、溶けやすく味が馴染みやすいです。
   
   
 

Other page

Calendar

2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
赤字:発送休み
※ご注文はお受けします。
※店舗は土日も8-18時営業しております。
Top